HISTORY

原始の品種を継承するジョージアワイン
氷河期の末期、約1万年前、現在の葡萄の原種のヴィティス・ヴィニフェラがカスピ海、コーカサス地方に出現しました。人類が食用に貯蔵していた葡萄が発酵し偶然ワインのようなものが出来たと推定されています。ジョージアは8000年も昔からぶどうが生産されていた、世界最古のワイン生産地です。世界の有名産地のワイナリーとは少し違うユニークな方法でワインが生産されています。太古から続く独特の醸造法はこの地のぶどうの味を引き出し、素材そのものの力を際立たせます。

HISTORYページへ