MUKUZANI(赤ドライ)
MUKUZANI(赤ドライ)MUKUZANI(赤ドライ)

※写真をクリックで拡大

MUKUZANI(赤ドライ) –

¥3,500 (税込)

注文数

名称 MUKUZANI(赤ドライ)
生産者 Mildiani
ヴィンテージ 2014年
タイプ 赤ワイン
品種 サペラヴィ
テイスト 辛口 (Red Dry)
シーン デイリーワイン
おすすめ料理 スペアリブ、ポークソテー
サイズ 750ml(フル)
生産地 ジョージア カヘティ地方
  • 甘み
    ★★☆☆☆
  • 酸味
    ★★★☆☆
  • 果実味
    ★★★☆☆
  • ボディ
    ★★★☆☆
  • 渋み
    ★★★☆☆
商品カテゴリー: , 商品タグ:

商品説明

カヘティ地方のムクザニで厳選されて育てられたサペラヴィ種から作られたドライな赤ワイン。熟したチェリー、アーモンドやバニラなどの様々な香りを持ちます。オーク材の樽の香りと柔らかいタンニンの味わいが長く続きます。

ソムリエの感想

ブドウの品種: サぺラヴィ (ムクザニ地区 樽熟成3~6か月)
フレッシュなラズベリー、カシス、いちごジャムの果実香と、 穏やかな酸味とタンニンにより豊かな果実味が引き立つ。後味は良質な甘味が残る。
合う料理: パテ・ド・カンパーニュ 、チキンのトマト煮込みなど

ソムリエ

竹内三幸

江戸時代から15代続く老舗に生まれ、日本航空にCAとして24年間勤務の後、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科博士課程前期課程修了。修士(社会デザイン学)。現在ソーシャル・ソムリエールSocial Sommelier(J.S.A.認定ソムリエ)、立教大学社会デザイン研究所ソーシャル・ワイナリー研究会代表として活躍中。

 

 

http://www2.rikkyo.ac.jp/web/social-design/member/017takeuti.php

 

 ソーシャル・ワイナリー研究会を主宰するかたわら、Social Sommelierとしての研究を活かしたワインサロンも開催する。
 ワイナリー研究家として国内外のワイナリーを訪問するが、2017年ジョージアを訪れ、多様なワイナリー、ワイン文化に魅了される。白金サロン、ASAGAYAコテージサロンなどでは、ジョージアワインと料理でソーシャルなおもてなしのサロンを実施、立教大学ではジョージアワイナリーの研究会を定例としている。
 現在の関心は、ソーシャル・キャピタル(社会関係資本)としてのワイナリー文化について。

 趣味は、長年親しんだ和服、茶道、華道などに触れ日本文化を感じる時間を大切にすること、外食で出会った美味しいお料理を自己流で再現し、ワインと合わせること。